活用例 2019/12/18

上半身の引き上げ動作の評価

▲介助動作をShadowでキャプチャし、SKYCOMで解析。介助者の膝の角度と腰の変位を解析しています。

専用ウェアを着用するだけで簡単に動作分析

ベッドからの起き上がりをアシストする介助者の動作を計測し、解析を行っています。
専用ウェアを着るだけで簡単に計測を行えるため、居室等のカメラの取り付けが難しい狭い空間でのキャプチャが可能です。動作分析専用の部屋ではなく、実際の環境で動作分析を実現します。
慣性センサ式モーションキャプチャシステム「Shadow」で取得したデータは、3次元動作分析ソフトウェア「SKYCOM」で解析できます。脚や腕の角度等が可視化できます。リアルタイムでも解析が行えるため、介助者に対するフィードバックもその場で行えます。
3次元動作を容易に解析できる、Shadowの利便性を生かした活用事例の1つです。

計測環境とシステム概要

慣性センサ式モーションキャプチャシステム「Shadow」の専用ウェアを着用し、介助の動作をキャプチャ。専用の解析ソフトウェア「SKYCOM」にて解析を行っています。

製品構成や活用例など3次元動作分析システムの詳細を見る