活用例 2020/02/14

指定エリアへの侵入検知

▲ヘルメットを装着した作業者の作業位置を監視。対象が事前に指定した領域に侵入するとアラートが鳴り、安全性向上を実現。

解決できる課題

・作業現場での安全性を向上したい
・労働災害を未然に防ぎたい
・危険を検知し、自動的に機械制御をしたい

本システムは、危険の伴う現場の安全性向上を実現。ヒューマンエラーによる危険を未然に防ぐことが可能です。

システムの概要

この活用例は組付け作業チェックシステムの機能を応用したもので、光学式モーションキャプチャ「OptiTrack」カメラでセンシングする空間を構築。センサー(反射マーカー)の付いたヘルメットを装着した作業者が、空間内の指定エリアへ侵入すると、専用ソフトウェアで検知し、アラートを鳴らします。また、PLCとの連携に対応しており、機械の自動制御も可能。安全性の向上を実現します。

システム導入効果

本システムは、指定領域内への侵入有無を検知するだけでなく、侵入した対象の個体識別が可能です。指定領域内へ出入りした人物や物体の特定ができるため、管理体制の強化に繋がります。
指定領域の認識空間は、自由に構築することが可能なため、空間の大小を問わず対応します。任意のエリアへの侵入をリアルタイムに検知する本システムの導入により、労働災害を未然に防ぐことが可能です。

製品構成や活用例など組付け作業チェックシステムの詳細を見る