活用例 2020/02/14

締め付け作業漏れチェック

▲作業手順ミス・漏れ防止システムで、締め付け作業を行う工具の位置を高精度に特定。作業中にその場でOK/NGのフィードバックが可能です。

解決できる課題

・不良品出荷のリスクを減らしたい
・ミスや漏れを確認する工数を削減したい
・トレーサビリティの管理を自動で行いたい

作業手順ミス・漏れ防止システムは、作業の工程をリアルタイムに確認することができます。作業手順のフィードバックや、作業完了時に漏れがないかの確認ができるため、大幅に工数を短縮して作業の抜けや漏れを防止できます。

作業手順ミス・漏れ防止システムの概要

光学式モーションキャプチャ「OptiTrack」カメラを使用し、工具の動きをキャプチャ。反射マーカーを設置することによりキャプチャを行うため、どのような工具でも適用が可能で、「OptiTrack」による非接触かつ高精度な3次元位置の特定ができます。
また、作業手順ミス・漏れ防止システムではPLCとの連携も可能なため、工具の位置の特定や作業回数のカウントも実現。CAD図面を読み込むことも可能で、その場で作業のOKやNGをフィードバックするだけでなく、重複や順序ミスに対してアラートをあげることもできます。

システム導入効果

作業手順ミス・漏れ防止システムで、日々の繰り返す作業工程の効率化を実現。これまでの製造現場では、不良品出荷のリスクを減らすため、何度もチェックを行い、ヒューマンエラーを減らす努力がなされています。
作業手順ミス・漏れ防止システムでリアルタイムにヒューマンエラーを検知し、作業者にフィードバックすることが可能です。さらに、作業結果をデジタルで一元管理でき、作業評価やトレーサビリティ管理の自動化にも繋がります。作業の効率化や製品の品質向上に寄与します。