現場作業時の動作・視線を熟練者データと比較・作業効率化へ

塗装作業の動きを計測し、完成品の評価にあわせ、かかった時間や作業員の動きの解析を行いました。また、塗装作業には視線の使い方も重要であることから、視線計測器も活用し、作業員の動作と視線を同時に解析・評価を実施しました。

受託計測前の課題・要望

溶接や塗装といった人にしかできない特殊技能の評価は、感覚で評価されることが多く、最終的には完成品の状態からしか結果は判断できません。なぜ熟練者は上手にできるのか。その秘訣は、必ず、人の動きやモノの使い方に隠されています。

そのため、塗装作業の動作・視線分析の受託計測では、
・熟練作業員の動作・視線を分析すること
・熟練者と若手の技術の差を比較すること
・その結果、課題の把握ができ、作業動作・視線の改善を行えること
が期待されました。

解決方法

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」は、人の動きとモノ(工具やスプレー等)の動きを同時に計測・分析することが可能です。塗装開始から完成まで一貫して計測できるため、作業にかかった時間の評価もでき、作業者が塗装完了までにどういった動きをしているのかを詳細に分析可能です。
さらに本計測では、視線計測器も活用し、人の動き・モノの動き・視線の動きと3つの評価・分析を実施しました。

受託計測の効果

熟練者の勘・コツ・暗黙知をデータとして取得するには、熟練者の動きやモノの動きだけでなく、「熟練者がどこをどう見て、なにを判断しているのか」も重要になります。
熟練者がどこを見て、どう判断し、その結果、どのようにモノを動かし、身体を動かしているのか。それらすべてがデータとして数値で見える化することができれば、若手との動きの差を比較したり、マニュアルに反映することができます。

本受託計測では、
・人とモノの動きの同時計測に対応
・技術評価に視線計測器を活用し、動作と同時に視線も解析
を行っています。

受託計測の効果①人とモノの動きの同時計測に対応

動きの計測に優れたモーションキャプチャシステム「OptiTrack」では、マーカーを貼付した対象の動きを計測します。人に貼付すれば人の動きが、モノに貼付すればモノの動きのデータが取得できるため、これらをあわせると、一度の計測で人とモノの動きの同時計測が可能です。
作業員の動作分析だけでなく、作業員が使用する工具やスプレー等の動きも分析すると、より詳細に熟練度の評価や比較を行うことができます。

受託計測の効果②技術評価に視線計測器を活用し、動作と同時に視線も解析

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」は、さまざまな外部機器との連携にも対応。そのうちの1つに、視線計測器が挙げられます。
作業員がどこをどのくらいの時間、見て作業をしているのか。頭の角度から視線の先を計測し、視線の軌道を分析画面上で可視化。これにより、人の動き・モノの動き・視線の動きと多方向からの評価・比較ができます。

受託の流れや活用例など受託計測サービスの詳細を見る
お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu