スポーツ選手向け技術向上ツールで全身運動を即時データ化

スポーツ選手向け技術向上ツールで全身運動を即時データ化

スポーツサイエンスの中でも最も優れた計測機器であるモーションキャプチャを活用し、プロスポーツ選手とアマチュアスポーツ選手2名のキック動作の計測・比較を行いました。この計測では、人体だけでなくボールにもマーカーを貼付し、人とモノの同時計測・評価を実施しています。

受託計測前の課題・要望

あらゆるスポーツでは自身の動きをデータとして記録し、トレーニングに活かしています。
しかし計測機器によっては、プロスポーツ選手も知りえない動きの癖が見落とされ、効率的なトレーニングができるとはいえません。身体のあらゆる部位をデータ化できるだけでなく、ボールやバットなど、使用する道具も同時に計測できれば、より効率的にトレーニングに活かすことができます。
また、自身の現在のデータと過去のデータやプロスポーツ選手とアマチュアスポーツ選手の技術の差はどこにあるのか、同一画面でわかりやすく比較できれば、尚いいトレーニングができ、最高のフォームを完成させることができます。

そのため、スポーツ選手の技術向上支援の受託計測では、
・プロスポーツ選手も知りえなかった動きを分析すること
・プロスポーツ選手とアマチュアスポーツ選手の技術の差を比較すること
・その結果、課題の把握とトレーニングの改善ができ、最高のフォームを完成させること
が期待されました。

解決方法

スポーツのキック動作において、プロスポーツ選手とアマチュアスポーツ選手の技術の差はどこにあるのか。それを計測・評価するために、スポーツサイエンスにおいて最も優れた計測機器であるモーションキャプチャシステム「OptiTrack」を活用。プロとアマチュア、双方のキック動作を計測しました。
動作分析や2名の動作比較には、動作分析ソフトウェア「SKYCOM」を使用。これにより、プロスポーツ選手とアマチュアスポーツ選手の技術の差を可視化しました。
その結果、プロスポーツ選手も知りえなかった動きを分析し、最高のフォームを完成させることに貢献しました。

受託計測の効果

スポーツ分野において、現状の動きのデータを取得したい場合、システムを常設で購入するのではなく、受託計測が選ばれています。年に一度の定期計測や過去データとの比較も、毎日行うことではなく、一定期間を開けて行った方が効率的であるためです。
また、Acuityの受託計測では、長年スポーツ分野の動作分析に携わってきたスタッフが、システムの設置からデータの提供、見るポイントの解説も可能なため、好評を得ています。

本受託計測では、
・人とモノの動きを同時に計測・分析
・分析画面上に、実映像を表示・再生
を行っています。

受託計測の効果①人とモノの動きを同時に計測・分析

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」では、人の動きだけでなく、モノの動きも計測が可能です。そのため、キックする選手とキック対象となるボールの双方の動きの同時計測に活用でき、分析時には、キックする人の軌道からボールの軌道まで、あらゆる動きの可視化を実現。
本計測では、骨格の動きとともに、ボールの速度や加速・角度等もフィードバックして、人の体とモノをあわせて評価しました。
より詳細に動作分析ができるため、短期間での技術向上が期待されます。

受託計測の効果②分析画面上に、実映像を表示・再生

本計測では、ハイスピードカメラでの撮影も同時に実施。計測時に、あわせて実映像を撮影することで、動作分析ソフトウェア「SKYCOM」上に、実映像を表示し、分析結果との同時再生が可能です。
分析画面上に、人体モデル・実映像・グラフ・デジタル数値を表示することで、選手自身も計測時の動きの振り返りが鮮明にでき、より一層、技術差の分析がしやすくなります。

受託の流れや活用例など受託計測サービスの詳細を見る
お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu