宮大工の作業比較・技術伝承

宮大工の作業比較・技術伝承

熟練者と若手の技術の差を分析するため、モーションキャプチャを活用して計測・解析。これにより熟練者の動きが若手と比較し、どう違うのかを見える化し、匠の勘・コツの定量化と言語化に貢献いたしました。

受託計測の目的と概要

技術者の高齢化により、近年技術伝承が重要な課題として取り上げられています。古くからの教育方法である"見て技術を盗む"では、匠技術の習得には限界があり、また、多くの時間を要することになります。
そこでモーションキャプチャシステム「OptiTrack」を活用。これにより、工具と身体の動きを見える化し、匠の持つ勘・コツの定量化・言語化を実現。短時間での技術習得に寄与します。
熟練者と若手の技術力の差を比較するため、計測時には、一人ずつ同じ作業動作をしていただいています。そこで取得したデータを同時に取り込み、同一画面上で比較。各動作の比較から、技術伝承のポイントになる部分を見つけ出し、定量的なデータにして、ご提供いたしました。

メリット①同一画面上で熟練者と若手の動作比較が可能

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」で計測したデータは、動作分析ソフトウェア「SKYCOM」に読み込むことで、簡単に評価・比較ができます。例えば、熟練者と若手の二人のデータを横並びで比較し、同じ解析項目を同一画面上で動きとともに確認することができるため、差分が一目でわかります。
解析ではスケルトンと呼ばれる人体骨格モデルの他、工具の形や動きまで、様々な項目で評価・定量化が可能です。
操作も直感的に行えるため、気になったところを深掘りするのも良し、差分を見つけるために体全体の動きを見える化するのも良しと、いろいろな視点で熟練者の技術を分析できます。

メリット②動きの分析を得意とするスタッフによる受託計測

Acuityは、元々スポーツの技術分析に関する強みがあります。モーションキャプチャを活用して、プロスポーツ選手の動きを分析し、トレーニングや技術習得に貢献してきた経験から、「どこをどう見ればプロの動きを習得できるのか」「技術向上が目指せるのか」というノウハウが備わっています。
これらの計測ノウハウは、製造現場における技術伝承にも当てはまります。これまでにもAcuityはモーションキャプチャの技術×分析ノウハウから、製造業の技術伝承の受託計測を数多く実施してきました。
Acuityでは計測までのプロセスを重要視しており、ただ計測することはせず、その技術を実現するための重要な動きをお客様と共有した上で、その動きの解析に適した評価項目で計測・解析を進めていき、わかりやすく熟練者の勘・コツを言語化、定量化を行っていきます。

受託の流れや活用例など受託計測サービスの詳細を見る
お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu