組み立て・ピッキング作業中の手の動き判定による作業品質向上

「Human Tracker」は組み立て・ピッキング作業における手の動きを判定・検知、ログ管理を行い、作業品質の向上や生産性の向上に活用できるソフトウェアです。カメラ一台で作業中の手元の動きを判定し、音や表示、外部機器と連携して、作業員へリアルタイムにフィードバックできます。作業ミスや作業ログの解析から作業品質向上にも寄与できます。

Human Tracker導入前の課題・要望

製造現場での組み立て・ピッキング工程では、人為的なミスや作業のバラつき、生産性、作業管理等が課題となっています。そこで注目されているのが手元作業の判定や、見える化が可能なツールです。
組み立て・ピッキング工程において、指定エリアから部品を取ったか・部品を入れたか等、手元作業の管理を行い、人による作業のバラつきや作業ミスを低減したいというご要望があります。

そのため、Human Trackerの導入では、
・指定したエリアへの進入出の判定ができること
・エリアへの進入出を外部機器と連携ができ、作業者へのフィードバックや機器の制御に活用できること
・作業ログが記録され、作業の品質管理ができること
が期待されます。

解決方法

Human Trackerには「両手モード」と「全身モード」の二つのモードがあり、セル生産などの手の動きに着目したい作業には両手モードを活用します。
カメラ一台を作業が映る位置に設置し、左右の手の位置を検知。システム上で任意のエリアを設定することで、左右の手がどのエリアに進入したか、また、退出したかを認識することができます。
部品をどこから取ったかを記録できるほか、ランプやスピーカーと連携することで、間違ったエリアに手が進入した際に色や音で作業者に通知できるため、作業ミスが低減されます。
それ以外にも、システムで検知した左右の手の位置データは応用が可能で、目的に応じた活用ができます。

Human Tracker導入後の効果

組み立て・ピッキング作業の見える化に特化したHuman Trackerに搭載されている「両手モード」の機能では、作業者の手元の動きをリアルタイムで捉え、動きと進入出したエリアを記録・判定することができます。
これにより、指定エリアへの進入出の判定および判定結果を外部機器へ連携し、システムトリガーとして活用することができ、さらに、作業ログの記録による作業管理にも活用できます。

本システムの導入では、
・作業ログ管理で、作業品質保証・生産性向上
・ランプや音などとの連携によるリアルタイムでの作業者フィードバックで、作業ミス低減
を行っています。

導入後の効果①作業ログ管理で、作業品質保証・生産性向上

判定のログから作業者ごとのバラつきの原因の追究や業務改善にも活用できます。
組み立て・ピッキング作業で指定エリアから部品を取る組み立て作業の場合、人によってタクトタイムに差が出ることから、生産性の課題があります。その課題を解決するため、指定エリアと手元の動きを可視化。これにより、手元がいつ、どのタイミングで指定エリアに進入し退出したのかを記録。ログから作業状況を分析することで、属人的な作業品質を一律の作業品質にすることや生産性の向上につながります。

導入後の効果②ランプや音などとの連携により、リアルタイムに作業ミス低減

Human Trackerは、デジタル入出力ターミナルを使用することで、進入出したエリアごとに信号を出力することが可能です。
たとえば、出力した信号をパトライトと連携した場合、色や音で作業者に判定結果をフィードバックすることができます。これにより、間違ったエリアに手が進入した場合は、アラート音を鳴らしたり、色で視覚的に警告する等、リアルタイムに作業者へ通達します。
作業ミスをその場で訂正できるため、製品品質が向上できるほか、作業ログから原因の追究や再発防止に向けた業務改善が可能です。

製品構成や活用例などHuman Trackerの詳細を見る
お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu