生産工場の人作業の見える化・エリア進入出判定をカメラ一台で実施

人動作や進入出検知機能が搭載された「Human Tracker」の「全身モード」は、生産工場・製造現場における各作業エリアでの稼働状況を管理し、作業効率化や生産性向上に活用できます。作業者の稼働率やエリアへの在否検知で多く利用されているビーコンやWifiによるシステムとは異なり、カメラ一台で簡単かつ安価に作業者検知が可能です。

Human Tracker導入前の課題・要望

従来、製造現場で作業者の動きをデータ化し、作業の稼働状況の見える化や作業場への進入出の検知、ログ管理などを行うには、作業者がWifi機器やビーコンを携帯するなど、作業者自身に負担がかかる形でのシステム導入が進められてきました。また、インターネット環境が必要であったり、磁場の関係で利用できないという課題もあります。
エリアごとに作業の稼働状況を見える化し、効率低下を改善したい。作業者の作業エリアを自動記録し、各作業の量・時間・コストを分析したい。定常作業のバラつきを軽減し、生産性の向上を図りたい。などの課題解決には、現場の負担なく、簡単かつすぐに運用でき、費用対効果が見込めるということがポイントとなります。

そのため、Human Trackerの導入では、
・従来のビーコンやWifi機器を使用したシステムではなく、作業者への負担がない形で簡単にシステム導入ができること
・作業エリアごとに進入出を自動記録し、各作業の稼働状況が見える化できること
・作業ログの記録から、効率低下を改善し、生産性の向上ができること
が期待されます。

解決方法

Human Trackerには「両手モード」と「全身モード」の二つのモードがあり、生産工場や製造現場における各作業エリアでの人の動きに着目したい場合には全身モードを活用します。
カメラ一台を作業場が映る位置に設置し、人の位置を検知。システム上で任意のエリアを設定することで、人がどのエリアへ進入したか、また、退出したかを認識することができます。
作業場ごとの稼働状況がシステム上で見える化できるほか、ランプと連携することで、エリアに進入すると点灯し、退出すると消灯することも可能です。

Human Tracker導入後の効果

生産工場におけるエリアごとの稼働状況の見える化に特化したHuman Tracker「全身モード」機能では、カメラ一台による作業者の位置検知と進入出判定、および作業ログの自動記録が行えます。エリアの設定はマウス操作で簡単にできるため、システム導入の手間もかかりません。
これにより、簡単かつ即時に製造現場へのシステム導入が可能で、運用に関して現場の負担も極めて低いといえます。
また、作業の稼働状況の見える化も、システム上だけでなく連携したランプやその他機器で視覚的に把握できるというメリットがあります。

本システムの導入では、
・カメラ一台で各作業エリアでの人の稼働状況を検知し、ランプなどの連携による見える化
・リアルタイムに自動記録されるログから作業のバラつきなど改善ポイントを発見し、効率低下の改善・生産性向上
を行っています。

導入後の効果①カメラ一台で各作業エリアでの人の稼働状況を検知

Human Trackerはカメラ一台で人の動きが検知できます。このとき、作業者はセンサー類を装着する必要はありません。
また、任意のエリアを設定し、人の進入出を判定し、稼働状況を視覚的に示す際、外部機器との連携が可能です。
たとえばランプとの連携の場合、指定エリアごとに、人が進入した際に点灯するランプの色を設定することができます。退出すると同時にランプが消灯するため、エリアごとの人の在否管理などに活用可能です。

導入後の効果②作業のバラつきなど改善ポイントを発見し、効率低下の改善・生産性向上

Human Trackerで検知した人の動きは、データとしてリアルタイムに記録されます。出力した作業ログから、作業エリアごとに生じる作業のバラつきや改善ポイントが発見でき、作業効率化や生産性向上に寄与します。
自動記録したデータをどのような表示形式で出力し、作業管理に活用するかは、基本搭載の形式以外にも応用が可能で、目的に応じた出力設計ができます。

製品構成や活用例などHuman Trackerの詳細を見る
お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu