Pokayoke

INTRODUCTION

「Pokayoke」(ポカヨケ)は、作業者・作業道具の位置情報をリアルタイムに取得。作業漏れの確認や手順の判定、指定領域への侵入検知等に活用でき、誤った作業を行った場合はエラーを通知する等の機能も充実しています。

ワークフロー

STEP1 環境構築 環境構築
作業現場を囲むように複数台の「OptiTrack」カメラを設置し、環境を構築します。その際、作業者や作業道具の位置情報を取得するため、センサー(反射マーカー)を身体部位や作業道具に貼付。センサーの位置を「OptiTrack」でトラッキングすることにより、作業者・作業道具の動きを監視することができます。
STEP2 作業監視 作業監視
作業中はリアルタイムで作業者・作業道具の動きがトラッキングされているため、作業ミスが発生した際には即時にエラーを通知。作業進捗も可視化することができ、漏れ等を防ぐことが可能です。
STEP3 レポート出力 レポート出力
作業結果は自動蓄積され、レポート出力することが可能。作業現場のトレーサビリティや品質管理等に活用できます。

機能一覧計測機能

判定機能

出力機能

計測機能FEATURE1
計測点の作成計測点の作成
作業判定には指先や工具の先端が作業箇所で指定の動きをしているかどうかという情報が必要になります。このとき、指先や工具の先端にセンサー(反射マーカー)を貼付できない場合、仮想点を作成することで、先端の位置情報を取得が可能です。

FEATURE2
作業手順の登録作業手順の登録
作業手順をステップごとに分けて登録する機能。登録した手順通りに作業を行っているかどうか判定することができます。たとえば締め付け作業において、工具の位置情報を手順ごとに登録し、作業中に工具の位置が順序とは違う動きを見せた場合はエラーを通知する等、活用法は様々です。

FEATURE3
CADデータ位置合わせCADデータ位置合わせ
作業対象物や工具のCADデータを読み込み、ソフトウェア上に表示。実際の対象物と位置合わせを行い、画面上でも作業進捗を可視化する機能。

判定機能FEATURE1
位置判定位置判定
センサーを貼付した作業者や作業道具の位置を判定する機能。位置判定から作業完了箇所を色付けすることも可能で、進捗状況が一目でわかります。

FEATURE2

OK/NG/重複判定

取得した作業位置情報から、OK/NG/重複判定をリアルタイムに行います。判定結果はソフトウェア上に表示され、視覚的にフィードバックします。

FEATURE3
サウンド出力サウンド出力
OK/NG/重複時にそれぞれ異なるアラート音を設定し、判定時に鳴らす機能。危険をすぐに察知することもでき、現場の安全性の向上にも活用できます。

FEATURE4
進捗状況の表示進捗状況の表示
作業完了を100%としたときの進捗率や進捗状況を表示する機能。作業時刻の表示もでき、作業漏れをなくします。現場のダブルチェックやトリプルチェックがソフトウェア上で完結するため、省人化に寄与します。

FEATURE5
PLC連携PLC連携
PLC連携により作業者や作業道具の位置情報を外部機器へ送り、作業を自動制御することが可能。たとえば締め付け作業において、指定位置内にナットランナーの先端が置かれていない場合、自動的に制御し、締め付け不可とすることができます。

出力機能FEATURE1
レポート出力
作業結果をレポート形式で出力する機能。作業者ごとに個体識別がされたレポート表示も可能です。現場のトレーサビリティや品質管理等に活用できます。

動作環境

OS Windows10(64bit)
CPU Core i7 第7世代以上搭載
メモリ 16GB

お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu