動作解析システム統合ソフトウェア「The MotionMonitor」

TMM

「The MotionMonitor」(ザ モーションモニター、通称:TMM)は
複数の動作解析システムで同時収録、複合解析を実現するソフトウェア

計測機能

FEATURE01

マーカークラスタリング

複数のマーカーの付いたクラスタを各部位に貼付し、関節周辺の解剖学的な特徴点をプローブで示して骨格を定義して計測する機能。例えば、作業着を着たままの作業性評価や車内での運転動作解析に活用できます。

FEATURE02

ハイブリッド計測

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」×フォースプレート

運動学データと反力データから筋活動量(筋張力)を計算できます。モーションキャプチャシステム「OptiTrack」とフォースプレートを同期して計測することで実現しています。

モーションキャプチャシステム「OptiTrack」×IMU

光学式と慣性センサ式、それぞれのメリットを活かした計測です。全身を光学式の「OptiTrack」で高精度に、カメラから隠れて見えなくなってしまう部位をIMUでセンシングしています。

ハイブリッド計測
対応デバイス一覧
  • モーションキャプチャ
  • IMU
  • A/D変換器
  • EMG
  • 筋電計
  • 脳波計
  • フォースプレート
  • 力覚センサー
  • 視線計測機
  • プローブ
  • トレッドミル
  • ビデオカメラ
  • ファンクションジェネレーター
  • 位置センサ
対応デバイス一覧
FEATURE03

アナログ信号入力

フォースプレートや筋電計、触覚センサ等のアナログ信号データと同時収録する機能。モーションキャプチャでは取得できないデータとの複合解析が可能となります。

アナログ信号入力

解析機能

FEATURE01

正規化

周期の異なるデータに対し、指定したフレーム数へリサンプリングする機能。試技によるフレーム数のバラつきを統一し、データの比較を実現。

正規化
FEATURE02

データの平均化

複数試技のデータを集約し、自動で平均を算出する機能。平均値はグラフ等で表示されます。大量に取得したデータから統計解析を行うのに便利な機能です。

データの平均化
FEATURE03

データの比較

複数のデバイスから得られた情報をグラフ等で比較できる機能。異なるセンサから取得したデータを比較し、差分を視覚的に分かりやすく確認することができます。

データの比較
FEATURE04

リアルタイム解析

計測中にリアルタイムで演算、解析する機能。実験中にデータの確認を行えるため、実験の状況を常に把握できます。やり直しの防止などに寄与します。

FEATURE05

力学解析

バイオメカニクスにおける各部位のモデルに基づいて解析する機能。脊柱や肩部の特定部位の解析結果がグラフや3次元モデル上で確認でき、特に整形外科分野で活用されています。

力学解析

表示・出力機能

FEATURE01

解析ビュー

算出した物理量をグラフやデジタル数字で表示する機能。ビューはカスタマイズが可能で、複数のテンプレート(Workspace)を作って選んで使う事も可能です。

解析ビュー
FEATURE02

アニメーション表示

被写体のオブジェクトをアニメーション表示する機能。ボールのようなスポーツ用品、物理的なターゲット、骨格、軌跡等をアニメーション化し、視覚的に分かりやすく表示することができます。

アニメーション表示
FEATURE03

3次元モデル描画

CTやMRIで取得したデータや骨格モデルを読み込み解析結果を表示する機能。バイオメカニクス解析した結果を3次元モデル上で描画する事により、結果を視覚的に捉えることができます。

3次元モデル描画
FEATURE04

バイオフィードバック

脳波や心拍数等の不随意筋の活動を感知し、光や音等でフィードバックする機能。アニメーションやグラフ表示などよりも直観的に結果を把握することができます。

FEATURE05

レポート出力

解析結果をレポート出力する機能。レポートのカスタマイズに対応しています。例えば、筋肉のモデリング、標準偏差や散布、歩行アニメーション生成が可能です。

レポート出力
導入メリットや活用例など3次元動作分析ソリューションを見る

お問い合わせ