エネルギー

Information

老朽化対策における点検・検査の効率化や省人化、人や物の侵入検知による安全性向上、作業員の導線を明確化することで作業効率化を推進する等、幅広い分野でAcuityが提供するソリューションをご活用いただけます。耐久試験やたわみ試験等の老朽化点検の効率化を実現する変位計測システムをはじめ、ヒューマンエラーを防止し、作業効率化やコスト削減に寄与する各種AIソリューション等、それぞれの課題に合わせたソリューションをご提供。現場環境や現在の抱える課題に寄り添った最適な方法をご提案し、現場作業員が危惧する新たなシステム導入のハードルを低減します。

変位計測システム

変位計測システム

変位計測システムは、動く対象を複数台の「OptiTrack」カメラで囲い、計測環境を構築。対象には軽量のセンサーを貼付することで、計測点ごとの3次元位置情報を高精度に取得することが可能。各種物理量をリアルタイムに算出し、解析までの工数を大幅に短縮できるシステムです。

変位計測システム詳細を見る

3次元測定システム

3次元測定システム

3次元測定システムは、複数台の「OptiTrack」カメラで測定対象を囲い、測定環境を構築し、軽量でハンディなプローブを測定箇所にタッチして寸法や形状の測定を行うシステムです。測定機能も充実しており、結果はリアルタイムに記録されます。

3次元測定システム詳細を見る

動作分析システム

動作分析システム

Acuity Inc.がご提案する動作分析システムは、目的や用途に応じてセンシングツール・解析ツールを選定して構築します。分析項目や結果の表示形式はツールによって異なるため、ヒアリングを通して最適なデバイスをご提案。

動作分析システム詳細を見る

視線計測システム

視線計測システム

視線計測システムは、技術伝承や作業訓練に必要な作業者の視線情報や頭の向き、角度を計測し可視化します。さらに人や物の動きを分析し、グラフや軌跡の描写等によるフィードバックもカスタマイズ可能で、より高度な技術伝承が実現。

視線計測システム詳細を見る

組付け作業チェックシステム

組付け作業チェックシステム

組付け作業チェックシステムは、作業漏れや手順ミスを防ぐため、現在の環境を変えずに導入できるシステムです。工具や作業者の位置をリアルタイムにトラッキングしているため、目視検査に頼ることなく、作業の進捗状況が管理可能。

組付け作業チェックシステム詳細を見る

組立ナビゲーションシステム

組立ナビゲーションシステム

組立ナビゲーションシステムは、プロジェクションマッピング技術を用いて、作業手順を表示。さらにカメラで人の動作を認識することで、リアルタイムに作業漏れ・ミスをアラートで知らせる等、マニュアルのペーパーレス化や作業効率化、ヒューマンエラーの低減に寄与します。

組立ナビゲーションシステム詳細を見る

屋内位置測位システム

屋内位置測位システム

屋内位置測位システムは、作業現場での安全性向上のため、指定領域への侵入検知や個体識別ができるシステムです。複数台の高精度カメラでセンサーを貼付したヘルメットをトラッキング。作業者の位置情報をリアルタイムかつ高精度に取得します。

屋内位置測位システム詳細を見る

AI外観検査システム

AI外観検査システム

AI外観検査システムは、異物や傷、バリ、穴やほつれといった製造工程における目視検査を自動化するシステムです。独自の機械学習方法によって良品と不良品を識別。生産ラインの省人化、DX化に寄与します。機械学習には要件によって最適な画像処理が必要となるため、カスタマイズから設計開発までを一貫して自社の開発チームが担当。高精度に難しいエラーの検知を実現します。

AI外観検査システム詳細を見る

画像処理システム構築

画像処理システム構築

対象を画像で認識し、目的に応じた処理を施し、作業や検知等に活用する際、選択できるツールは様々。その中で弊社は、汎用ツール等では要件を満たすことのできない対象に対し、光学式、搬送系の選定から画像処理アルドリズムの開発、UXを踏まえたUI設計を実施。タクトやPLC等の結果連携を含めた運用最適化を前提としてシステム構築も可能です。

画像処理システム構築詳細を見る

VR/ARセンサー

VR/ARセンサー

VR/ARセンサーとして、HMDやプレーヤー、プレーヤーが手で触れる対象を光学式モーションキャプチャ「OptiTrack」でトラッキングするシステムです。

VR/ARセンサー詳細を見る

自動制御

自動制御

ロボットやドローンの自動制御では、モーションキャプチャ「OptiTrack」を3次元位置情報のセンシングツール、動きのインプットツールとして活用。0.1mm以下いう高精度なセンシングと5msec以下の遅延(レイテンシー)は様々なデバイスの制御で活躍します。

自動制御詳細を見る

お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu