食品

Information

人海戦術で食品加工や検品、出荷作業にあたる現場では作業の効率化や省人化、ヒューマンエラーによるコストやリスクの削減が推奨されています。属人的にならざるを得ない現場スキルを均一にするため、切断ラインを食品に投影する加工ナビゲーションシステムをはじめ、高度な画像処理技術による検品作業の自動化をサポートするソリューションを独自開発。システム導入に対する現場の負担を最低限に抑えるため、ヒアリングからシステム開発、導入後の運用サポートまで一貫して行います。

加工ナビゲーションシステム

加工ナビゲーションシステム

加工ナビゲーションシステムは、カメラとプロジェクタを使用し、対象の立体形状を独自のアルゴリズムで認識。対象ごとに最適な加工ガイドをプロジェクタを使用し、投影できるシステムです。属人的な作業を均質化し、品質向上に寄与します。

加工ナビゲーションシステム詳細を見る

AI外観検査システム

AI外観検査システム

AI外観検査システムは、異物や傷、バリ、穴やほつれといった製造工程における目視検査を自動化するシステムです。独自の機械学習方法によって良品と不良品を識別。生産ラインの省人化、DX化に寄与します。機械学習には要件によって最適な画像処理が必要となるため、カスタマイズから設計開発までを一貫して自社の開発チームが担当。高精度に難しいエラーの検知を実現します。

AI外観検査システム詳細を見る

画像処理システム構築

画像処理システム構築

対象を画像で認識し、目的に応じた処理を施し、作業や検知等に活用する際、選択できるツールは様々。その中で弊社は、汎用ツール等では要件を満たすことのできない対象に対し、光学式、搬送系の選定から画像処理アルドリズムの開発、UXを踏まえたUI設計を実施。タクトやPLC等の結果連携を含めた運用最適化を前提としてシステム構築も可能です。

画像処理システム構築詳細を見る

自動制御

自動制御

ロボットやドローンの自動制御では、モーションキャプチャ「OptiTrack」を3次元位置情報のセンシングツール、動きのインプットツールとして活用。0.1mm以下いう高精度なセンシングと5msec以下の遅延(レイテンシー)は様々なデバイスの制御で活躍します。

自動制御詳細を見る

お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu