Human Tracker

Human Tracker

INTRODUCTION

「Human Tracker」(ヒューマントラッカー)は、作業者の手元・身体の位置情報をリアルタイムに検知し、任意で設定したエリアへの進入出を判定・記録します。1台のWebカメラで検知ができるため、作業者や現場への負担なく即時導入・作業の見える化が可能。進入出判定を外部機器と連携することで、システム制御も可能です。

ワークフロー

STEP1 エリア作成 エリア作成
カメラで撮影している範囲内で任意のエリアを設定することで、進入出判定を行うことが可能。エリア作成はドラッグ操作で誰でも簡単に実施できます。
STEP2 作業監視 作業監視
エリア設定後、トラッキングの「開始ボタン」をクリックすると進入出判定が開始されます。作業者の手元や身体の位置をカメラが認識し、エリアへの進入出を判定・記録します。
STEP3 CSVファイル出力 CSVファイル出力
作業結果は自動蓄積され、CSVファイル出力することが可能。作業現場のトレーサビリティや品質管理・業務改善等に活用できます。

機能一覧モード設定

判定機能

出力機能


モード設定FEATURE1
両手モード両手モード
カメラで撮影している範囲内の左手と右手を追跡し、設定したエリアへの進入状況(左手のみ、右手のみ、両手)と進入回数を記録します。
※両手モードと全身モードの切り替えは、画面上のアイコンクリックで切り替え可能です。

FEATURE2
全身モード全身モード
カメラで撮影している範囲内の人を追跡し、設定したエリアへの進入状況(人数)と進入回数を記録します。
※両手モードと全身モードの切り替えは、画面上のアイコンクリックで切り替え可能です。


判定機能FEATURE1
エリア作成エリア作成
エリア作成は、画面上のエリア設定ボタンをクリックすることで可能になります。マウス操作のドラッグ&ドロップで画面内に表示された映像の範囲で、任意の場所にエリア作成が可能です。
両手モードでは、部品の組み立て作業やピッキング作業を想定し、作業エリア・部品エリアの作成が可能です。

FEATURE2
検知部位設定検知部位設定
両手モードの場合、人差し指の位置によって進入出判定を行います。
全身モードの場合、エリアへの進入出判定に使用する部位は下記の中から2つまで選択することができます。
・鼻 ・首 ・左肩 ・右肩 ・左肘 ・右肘 ・左手首 ・右手首 ・左腰 ・右腰 ・左膝 ・右膝 ・左足首 ・右足首 ・左目 ・右目 ・左耳 ・右耳

FEATURE3
エリア進入出判定(両手モード)エリア進入出判定(両手モード)
両手モードの場合、「作業エリア」と「部品エリア」をそれぞれ1つ以上設定すると、エリアへの進入出判定を開始することができます。設定したエリアに人差し指の先端が進入すると、エリアの表示色が変わり、音声が鳴ります。このとき、エリアへの進入出状況は、画面右側の「認識」「回数」欄の数値、および、右下のログへリアルタイム反映されます。

FEATURE4
エリア進入出判定(全身モード)エリア進入出判定(全身モード)
全身モードの場合、「エリア」を1つ以上設定すると、エリアへの進入出判定を開始することができます。設定したエリアに判定部位が進入すると、エリアの表示色が変わり、音声が鳴ります。このとき、エリアへの進入出状況は、画面右側の「認識」「回数」欄の数値、および、右下のログへリアルタイム反映されます。「認識」欄には、それぞれのエリア内に滞在している人数が表示され、「回数」欄には、それぞれのエリアに人が進入した回数が表示されます。

FEATURE5
最低判定時間設定最低判定時間設定
エリアへの進入、および、エリアからの退出の瞬間から、進入出判定が更新されるまでの時間を0.1秒単位で設定することができます。
リアルタイムな進入出判定を行いたい場合は、最低判定時間を0.1秒に設定できるだけでなく、一瞬の立ち寄りや進入出を判定に含みたくない場合には、最低判定時間の変更が可能です。


出力機能FEATURE1
CSVファイル出力
記録されたエリア進入出のログ情報は、CSVファイルにて出力が可能です。出力項目は下記の通りとなります。
・両手モードの場合
日時、左手か右手か(Left/Right)、エリア名、進入か退出か(IN/OUT)
・全身モードの場合
日時、エリア名、進入か退出か(IN/OUT)、エリア内の人数

FEATURE2
デジタル出力デジタル出力
設定から「デジタル出力を使用する」にチェックを入れることで、エリアへの進入出状況をデジタル入出力USBI/Oユニットから出力することができます。
これにより、進入出状況をパトライトに反映させるほか、システムの停止・開始のトリガーとして連携することが可能です。

動作環境

OS Windows10 以上(64bit)
CPU Core i7 以上搭載
GPU CUDA 11.7 が動作するNVIDIA社製GPU搭載(※全身モードを使用する場合)
メモリ 16GB 以上
その他 Webカメラ
USBドングル要

お問合せフォーム

問い合わせ概要
問い合わせ内容
フリガナ
ご所属

お問い合わせ

お客様の課題に合わせてスタッフが最適な解決方法をご提案します。

Menu